昭和の宇和島・特別編・蒸気機関車

岡山から宇和島まで鉄道の旅  その1 

岡山から宇野桟橋まで



改築前の「宇和島駅」



岡山にいる従兄・岡山鉄夫さん(仮名)から帰省の折々に撮影した懐かしい

写真の数々を送ってもらった。SLの写真は以前公開ししたが、今回は

SLも姿を消し、ディーゼル化した列車で岡山から宇和島までの旅を紹介。

(なお以前のものなので、顔の写っている人も今では違っていると思うので、顔を出すことをお許し願いたい)
(目が疲れているのと、鉄道は素人なので文字の間違いがあればご容赦を)


新幹線開業以来の宇野線快速用113系 新型211系備讃快速宇野行きS62.4マリンライナ−前身 特急せと(1985年8月15日.)

工事中の備讃線のそばを行く宇野線快速. 急行鷲羽と土佐丸・宇野駅にて(1966年10月9日) 鷲羽153系と快速115系 鷲羽は大阪より、快速は岡山宇野間(1966年10月9日)

211系快速備讃ライナ−と土佐丸

宇野桟橋

宇野桟橋

宇野桟橋3211系快速も 宇野桟橋列車引込み線

出航のドラの音

東京から帰省するときはいやでも宇高連絡船に乗らなければならなかった。ふるさとに一時でも早く帰りたいという心で、宇野桟橋の思い出はあまり残っていない。
特急富士(1964年)

その時々の切符

国鉄時代の乗車券
(昭和61年10月31日)

185系新型特急しおかぜ運転開始記念乗車券
初日初乗り。軽量、快速、ただし振り子なし。
(昭和61年11月1)

高速艇パンフ

宇野駅開業60周年記念入場券
国鉄時代の備讃ライナー切符

宇高連絡線に乗船する

早く四国に着きたい


トップにもどる


Ads by TOK2